スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

WE SCAR ハンマー強化

さて、この所大したトラブルも無く快調作動していたWESCAR君ですが、ちょっと気になった点が在ったのでハンマー周りのモディファイをして見ました。

以前書いたのですが、ストライカーロックを押し上げる突起がハンマーに付いているのですが、その突起が磨耗、変形して作動不能になることが在ります。

今回、その症状が出た個体の現物を見たので自分のSCARもチェックした所・・・・・。





やはり変形して来てました。w

強化ストライカーロック組み込み時に、ピン部のエッジを良く取り尚且つスプリングをカットしておいたのでそんなに酷い状況には成ってませんでしたが、何らかの対策が必要ですね。

んで、無い知恵絞って考えたのが、突起部の別体化です。

まず、用意した材料ですが

・ M6のステンレス座金一枚
・ 0.8ミリのピアノ線少々

そして使用した工具は一般的な分解用工具のほかに

・ 汎用電気ドリル
・ 金属ヤスリ(目立て、平棒)

・・・・・・・・・まあ、大した物は使いませんねww

まず、M6座金の一部を平らに削ります。削った座金を両面テープ等でハンマーに貼り付けハンマー下部の形状を座金に書き写します。

この時、ハンマー軸穴と座金穴を合わせます。また、座金の平らに削った部分がハンマー上部に向くようにして下さい。





その後、ハンマー下部を座金の厚さ分削ります。今回は座金の厚さが1ミリちょうどだったので1ミリ削りました。また、座金の平らに削った部分が回り止めになりますので、十分注意して作業します。
後は現物合わせで、書き写した形状に座金を削ります。

上記作業が終了するとこんな感じになります。



ハンマー本体の加工はコレで終了。

続いてハンマー軸の真鍮スリーブに溝を切ります。この溝がハンマーの左右位置決めとM6座金の固定溝になります。
溝自体は、真鍮スリーブをドリルでくわえて目立てヤスリを当てると簡単に彫ることが出来ます。また、溝位置はスリーブ左右端よりそれぞれ3ミリの位置です。



全てを組み合わせて、ピアノ線を4ミリ位の棒に巻き付けて造ったリングをはめて固定すれば一応完成になります。





まあ、文にすると非常に分かりずらいので画像を参照してください。

組み込み後に様子を見つつ突起部を微調整して、動作も快調なのでまあ良しとしますか。

取り合えずスチールハンマー出るまでは何とか成るでしょw


話は変わりますが、今月27日発売のアームズマガジン誌に載ってるGカンパニーのブツですが・・・。非常に調子よろしいです。サイクルもWESCARより速い。まあ、金欠ですから私ゃ買えませんけどw

  


2009年10月25日 Posted by lightstaff  at 19:19Comments(1)WE SCAR GBB

WAM4 SUSボルトキャリアー

えー、ほぼ月間化してるこのブログ。ホントすみません。

今回のネタはWAM4用SUS削り出しボルトキャリアーです。

既発売のGカンパニー製アルミボルトキャリアーのSUS版ですね。



ツールマークも美しいこのボルト、アルミ製と同じくキャリアキー部も一体削り出しです。

固定ボルトのモールドが無いのは残念ですがwここだけ気に入らないのでダミーのボルトでも植えるつもりです。因みにサイズはPRIMEフレーム用サイズです。



重量はWA純正ノズル周り一式込みで253g。ノズルガイド形状はハードリコイルボルトタイプ。

まあ、壊そうと思っても壊れんぞ仕様ですね。いや、金槌でぶっ叩くとかは無しの方向でw




コッチはPRIMEスチールとノーマルです。重量同じなんですね。

動作の方ですが寸法的に良く練って造られている為、非常にスムーズ。純正リコイルスプリングに実物用リコイルバッファー(ウエイト入り)でも動きました。

当然、ノーマルに比べて動作は遅くなりますが盆栽カスタムには持って来いの逸品ですね。

実物リコイルバッファーが84g程ある為、動作スピードが欲しい方はノーマルのプラバッファーや軽量バッファーを使う事である程度対応できます。因みにノーマルプラバッファーは15g程です。



このボルト、販売はエアボーンさんの専売品になりますので気になる方はぜひどうぞ。




お次は14.5インチ、ノンステップタイプアウターバレルです。

材質はスチールのパーカー仕上げ、先端ネジは1/2×28Tです。

こちらもGカンパニーで制作したもので各部寸法、先端ネジ仕様等相談でワンオフも対応可能だそうです。


所で、WESCAR用のストライカーロックが販売になってます。おかげさまでこのブログを見て店舗の方にお問い合わせ頂いた方もいらっしゃいました。

ただ、ストライカーロックを強化してもハンマー側の突起が変形した為ストライカーのロックが解除出来ないと言うトラブルを耳にしました。

幸い自分の固体は散々撃った今も全く問題ない為、個体差が原因とも考えられます。

ハンマーやシア周りの強化パーツはどうやら台湾製の物が出るようなのでチョッと様子見になりそうです。ほんとすんません。

リアルトリガー含め造ってくんねーかな・・・。




  


2009年10月10日 Posted by lightstaff  at 21:26Comments(2)WA M4